このページではJavaScriptを使用しています。

トップ > Nostargic Items > 二酸化塩素空間除菌剤:除菌一番 > Nostargic Itemsリスト
※ご注意下さい:本コーナーでご紹介しているアイテムは販売しておりません

▼ページ・エンド▼

二酸化塩素空間除菌剤:除菌一番
Nostargic Items


二酸化塩素による空間除菌!

「あれ?」と想われるかもしれませんが、「二酸化塩素による空間除菌」が非常に素晴らしい形で結実したのが、この商品だと想います。
定期的に交換する、冷蔵庫の消臭剤感覚で用いることもできる点、商品設計的にも素晴らしかったです。

二酸化塩素空間除菌剤:除菌一番250Lタイプ    二酸化塩素空間除菌剤:除菌一番500Lタイプ    二酸化塩素空間除菌剤:除菌一番1500Lタイプ

左から、冷蔵庫の容量に合わせて「二酸化塩素空間除菌剤:除菌一番」の「250Lタイプ」「500Lタイプ」「1500Lタイプ」となります。

二酸化塩素空間除菌剤:「除菌一番」の効果

その効果を、まずは視覚的に分かりやすくご紹介します。

二酸化塩素空間除菌・消臭剤:冷蔵庫内殺菌テスト

焼肉レストラン・チェーン店の冷蔵庫内の殺菌テスト結果。設置後24時間で効果が出、8週間効果が持続します。
二酸化塩素空間除菌・消臭剤設置前(7月17日)→二酸化塩素空間除菌・消臭剤設置後(8月24日)
*詳細データは次ページでご紹介させて頂きます
二酸化塩素空間除菌剤:除菌一番・設置前    二酸化塩素空間除菌剤:除菌一番・設置後

二酸化塩素空間除菌・消臭剤:鮮度保持テスト(ひき肉とレタスの鮮度保持効果結果)

1.ひき肉(左から「購入時」「使用二日後」「未使用二日後」)
二酸化塩素空間除菌剤:除菌一番:使用前    二酸化塩素空間除菌剤:除菌一番:使用中    二酸化塩素空間除菌剤:除菌一番:未使用
*右端の「未使用二日後」に白い変色が見て取れます

2.レタス(左から「購入時」「使用二日後」「未使用二日後」)
二酸化塩素空間除菌剤:除菌一番:使用前    二酸化塩素空間除菌剤:除菌一番:使用中    二酸化塩素空間除菌剤:除菌一番:未使用
*右端の「未使用二日後」が萎れて小さくなっています

続いて「実際の実験効果がどう出たのか?」をご紹介します。

二酸化塩素空間除菌・消臭剤:「除菌一番」データ・コーナー

二酸化塩素空間除菌・消臭剤:「除菌一番」の実際の効果をテスト機関にて確認した際のデータです。
*二酸化塩素を使用した冷蔵庫の除菌・消臭剤に関する各種食中毒菌(大腸菌、サルモネラ、腸炎ビブリオ)に対する除菌性能試験
*二酸化塩素濃度試験:同時実施試験

試験方法 )
(1)食中毒菌(大腸菌、サルモネラ、腸炎ビブリオ)の任意濃度(103/mL~第1・2週目のみ・105/mL)の菌液を調製し、その菌液1mLを無菌シャーレ中の菌液ダスター(2cm×2cm)4枚にしみ込ませる。
(2) 湿度60%の低温インキュベーターに除菌剤をセットし、同時に(1)を放置する。
(3) 任意の時間ごとに取りだし、菌数測定を行う。(ダスター及びシャーレ拭き取り合計。)
【その他、対照試験・試験環境】
*性能試験(1)、(2)、(3)について除菌剤を設置しない試験区において同一の試験を行う。
*二酸化塩素濃度測定:ガステック社製検知管式気体測定器GV-100sを気体採取器とし、検知管は塩素用8La(測定範囲0.32~5.12ppm)を使用して、「除菌一番」から発生する二酸化塩素濃度を測定する。
*試験環境は、使用インキュベーター:ヤマト科学社製 IN-800(内容積286L)加湿器を用いて、インキュベーター内を湿度60%とした。

大腸菌___
第1週
第2週
濃度
103/mL
105/mL
103/mL
105/mL
区分 試験区 対照区 試験区 対照区 試験区 対照区 試験区 対照区
0日目 3.8*103 3.8*103 3.8*105 3.8*105 1.1*103 1.1*103 1.1*105 1.1*105
1日目 <3.0*102 9.7*102 <3.0*102 5.1*105 <3.0*102 4.1*102 <3.0*102 6.8*104
*2日目~5日目は省略
6日目 <3.0*102 7.0*102 <3.0*102 8.5*104 <3.0*102 6.6*102 <3.0*102 7.2*104
7日目 <3.0*102 7.2*102 <3.0*102 6.0*104 <3.0*102 5.0*102 <3.0*102 8.0*104
腸炎ビブリオ
第1週
第2週
濃度
103/mL
105/mL
103/mL
105/mL
区分 試験区 対照区 試験区 対照区 試験区 対照区 試験区 対照区
0日目 2.2*103 2.2*103 2.2*105 2.2*105 2.7*103 2.7*103 2.7*105 2.7*105
1日目 <3.0*102 1.1*103 <3.0*102 1.5*105 <3.0*102 4.8*103 <3.0*102 1.0*105
*2日目~5日目は省略
6日目 <3.0*102 6.5*102 <3.0*102 4.8*104 <3.0*102 9.0*102 <3.0*102 7.8*104
7日目 <3.0*102 5.6*102 <3.0*102 4.5*104 <3.0*102 7.5*102 <3.0*102 5.0*104
サルモネラ菌
第1週
第2週
濃度
103/mL
105/mL
103/mL
105/mL
区分 試験区 対照区 試験区 対照区 試験区 対照区 試験区 対照区
0日目 1.5*103 1.5*103 1.5*105 1.5*105 1.7*103 1.7*103 1.7*105 1.7*105
1日目 <3.0*102 1.1*103 <3.0*102 1.0*105 <3.0*102 1.0*103 <3.0*102 1.4*105
*2日目~5日目は省略
6日目 <3.0*102 <3.0*102 <3.0*102 6.2*104 <3.0*102 9.5*102 <3.0*102 7.6*104
7日目 <3.0*102 <3.0*102 <3.0*102 5.0*104 <3.0*102 7.0*102 <3.0*102 8.5*104

二酸化塩素ガスも適材適所?!

いかがでしょうか?
「二酸化塩素ガス」に対しては、弊社は基本的に慎重な姿勢を保っておりますが、この「除菌一番」のような用法であれば、安全性も保てますし(高濃度にでもならない限りは問題ない)、非常に良い形で効果を引き出せている、そう想っております。

しかし実は、この商品の実験、そして実績は「二酸化塩素の、もうひとつの働き方」を示しているように想えます。
二酸化塩素も一般に、高温で活発に反応し、低温では反応し難くなり、特に5℃を下回ると極度に反応が落ちると言われています。
逆に言えば5℃以下であれば保存可能性も著しく高まってくるのですが、上記は二酸化塩素を冷蔵庫内に適用した事例です。

つまり、本来なら「冷蔵庫内では二酸化塩素は機能していないはず」です。
しかし実際に実験は厳しく実施され、現場での効果も出ています。

これを説明するのには、特に冷蔵庫の開閉時に二酸化塩素が機能したのでは?という推測がひとつ、成り立つかと想います。
また野菜が対象の場合だと二酸化塩素ガスによって気孔が閉じることが知られていますが、その反応によってエチレンガスの放出が抑えられ、結果的に腐食・劣化が遅れるということは、常温でも確認されています。
この実験は、二酸化塩素と温度の関係が広まる前に実施されたため、冷蔵庫の温度までは明記されていないのが残念ですが、実験結果や実績には著しいものがあり、それを説明出来るとすれば、上記のような要因かと考えております。

いずれにしても、こういった良品は形を変えて生き残っているものも多いです。
弊社でも、是非とも伸びていってほしい商材種のひとつだと考えています。


※ご注意ください:本コーナーでご紹介しているアイテムは販売しておりません※

Nostargic Itemsリスト

Nostargic Items:バイオ・フロア・クリーナー(BFC)の概要
Nostargic Items:バイオ・フロア・クリーナー(BFC)の効果
Nostargic Items:バイオ・フロア・クリーナー(BFC)の原理とコスト

Nostargic Items:バイオ・デオドライザー(BD)の概要1
Nostargic Items:バイオ・デオドライザー(BD)の概要2

Nostargic Items:二酸化塩素空間除菌剤:除菌一番

Nostargic Items:弱酸性塩素剤:ステリアップ

Nostargic Items:落書き除去剤:グラフィティーキラー(GK)

▲ページ・トップ▲

▲Up▲