このページではJavaScriptを使用しています。

トップ > Nostargic Items > 落書き除去剤:グラフィーキラー(GK) > Nostargic Itemsリスト
※ご注意下さい:本コーナーでご紹介しているアイテムは販売しておりません

▼ページ・エンド▼

落書き除去剤:グラフィーキラー(GK)
Nostargic Items


落書きは…アートだ???

落書きがアートだとしても、公共物に対する無許可の落書きは、やはり迷惑なものがほとんどです。
それも塗料が優秀になってきただけに、落書き除去も大変、困難になってきています。

その状況に対応するべく取り上げたのが、「グラフィティーキラー(GK)」でした。
とにかく、効果からご覧頂いた方が早いでしょう。

落書き除去使用前    落書き除去剤使用後

これは確か、カラーか何かで描かれたものだったと想いますが、タイルの目地に入ってしまうので、意外と除去するのは大変です。
使用(落書き除去)後は、分かりやすいように拡大写真で撮影されました。

落書き除去剤:グラフィティーキラーの特徴落書き除去剤:グラフィティーキラー

落書き消し作業が簡単:面倒な落書き消しも、GKなら「1~15分置いて→拭取るだけ」です
落書き剤に多種対応:
市販の殆んどの彩色剤に対応しています
後処理が簡単:落書きを消した後は完全に生分解して無害化、作業者にも有機溶剤等で生じる害はありません
※落書き消し剤・GKは、緑美しいスイス連邦の公衆保健省・EMPA(スイス連邦材料試験研究所)の証明を受けています
対象:コンクリート・天然石・砂石・人造石・塗装面・アクリル樹脂(風防ガラス等)・自動車(内外)・鉄道荷客車・人造皮革・道路標識(特殊なコーティングしたもの)等の落書き消しに対応します

非常にユニークだったのは加水分解するということで、確かに微かなオレンジ臭はするものの、目や鼻に対するガスによる刺激はなく、触れていても特には手荒れもしませんでした(もちろん、直に触れることはお勧め出来ません)。

当然、取り扱い上の注意事項は、多くの洗剤と変わりなく、下記のようなものでした。
希釈すると「エマルジョン化」して利用できなくなるというのが、非常に変わってはいると想います。
また、溶解力自体は強いので、下地を痛めることを気にしての作業とはなりました。
※手などについたものは「水洗浄」することで「無効化」します

・飲込まないように注意して下さい。
・乳幼児の手の届かない所に保管してください。
・万一飲み込んだ場合は直ちに医師の診断を受けてください。
・目に入った時は直ちに水で洗浄して下さい。
・高温、火気の近くでの保管、使用は避けてください(可燃性があります)。
・充分なテスト後に施工して下さい。対象により、下地を溶解することがあります。
・原液でご使用ください。水で希釈するとエマルジョン化(乳化)して特性を失い、効果がなくなります。

落書き対策(処理)

当然と言えば当然なのですが、落書き対策(処理)を分類すると、大きくは二種類です。

1)落書き防止(落書き防止塗料)
落書き対策では、なんと言っても落書き防止が出来れば一番です。
現在、多くの会社から落書き防止塗料や資材が販売されています。
優秀なものも多く見られますので、どうしても繰り返される落書き対策の一番に据えても良いかもしれません。
ただ、高価であったり施工が大掛かりだったりという欠点があります。

2)落書き消し、落書き落しの使用
左程、頻度の高くない落書きに対して防止塗装までは、ということも多いようです。
落書き消し(GK)は、多くの自治体様やボランティア活動等でも御利用頂きました。

落書き消し・落書き落し「グラフィティーキラー(GK)」使用方法は簡単です

1.表面の埃やゴミを除去します。
2.GKの「原液」を薄く塗布します(希釈すると効果がなくなります!)。
3.塗布面を表にして1~15分間おきます。汚れにより時間は加減してください。
4.塗布した後は、色がついたまま乾燥させないで下さい。再付着してしまいます。
5.布・ナイロンブラシなどで表面のジェルごと磨いて下さい。
6.磨いた後のジェルを、彩色材がGK内に溶解してきたことを確認した上で温水布で拭きとるか、温水で洗い落とします。
※汚れ、着色等ひどくてなかなか除去出来ないときは、本液の塗布後、適宜ブラッシングして下さい

※ゲル・タイプは液化することがあり、使用10~15分前に、十分に攪拌してゲル化してから御利用するという注意点がありました

落書除去剤:グラフィティーキラー(GK)の導入・施工実績(一部)

H寺臨海公園(S市)、K田15号線道路(K市)、T東地区子供文化会館プレールーム(K市)、N大池浄化施設(F市)、国道324号線単県交通安全施設(H市)、AプラザSホテル(O市)、N駐車場(O市)、S公園(O市)、K大学(S市)、その他多数

日本語資料が乏しいのが残念でしたが、物性表は頂いており、その記載内容は下記のようなものでした。

【 物性表 】
陰イオン系表面活性剤の水溶性有機化合物
・成分:メトキシプロパノール/メチルエーテル/N-メチルピロリドン/オレンジオイル/エトキシレイティッド/ファッティアルコール/トゥリエタノルアミン/ディシース4燐酸塩
・外観:液状・ゲル状/色状:無色~淡黄色 
・匂い:柑橘系
・融点:適応無/比重:0.96g/cm3/気化圧:適応無/粘度:100mpas以下/水溶性:完全水溶性/ph値:8.0-9.0/発火点:50-55℃/自然発火温度:100℃以上/沸点:96℃
/引火点78℃
・分解条件:常温での反応無
・毒性:無/生分解性:100%分解/安全度:飲み込まないこと

もちろん「洗剤は洗剤」ですので、相応の危険はあるわけですが、通常の利用で危険を感じることは特にはなく、非常に使いやすいものでした。
ただ、このグラフィティーキラー(GK)は、あまりにも用途が特殊なものに特化し過ぎていたことと、落書き以外に用いるには高価過ぎたことが伸び悩みの原因だったかと想います。

現在の為替相場であれば、もう少し安価にご提供出来たかな…と、懐かしく想いだします。
非常に優れた資材で、大好きな商材のひとつでした。


※ご注意ください:本コーナーでご紹介しているアイテムは販売しておりません※

Nostargic Itemsリスト

Nostargic Items:バイオ・フロア・クリーナー(BFC)の概要
Nostargic Items:バイオ・フロア・クリーナー(BFC)の効果
Nostargic Items:バイオ・フロア・クリーナー(BFC)の原理とコスト

Nostargic Items:バイオ・デオドライザー(BD)の概要1
Nostargic Items:バイオ・デオドライザー(BD)の概要2

Nostargic Items:二酸化塩素空間除菌剤:除菌一番

Nostargic Items:弱酸性塩素剤:ステリアップ

Nostargic Items:落書き除去剤:グラフィティーキラー(GK)

▲ページ・トップ▲

▲Up▲