このページではJavaScriptを使用しています。

トップ > 二酸化塩素のご案内 > 二酸化塩素etc.メニュー

▼ページ・エンド▼

二酸化塩素のご案内
二酸化塩素etc.


二酸化塩素とは?二酸化塩素総論

二酸化塩素の化学式は「ClO2(ClO2、欧米では「OClO」と記載することも多)」と記載され、常温では気体ですが、水によく溶解し、水溶液は黄緑色~茶褐色を呈する物質です。
二酸化塩素は塩素原子を分子中に含みますが、現在盛んに利用されている塩素剤や次亜塩素酸塩とは異なり、水中の有機物と反応して有害な有機塩素化合物類(発癌物質トリハロメタンなど)を生成することがほとんどないことなどから塩素剤の欠点を補う有望なサニタリー資材として注目を浴びています。

近年では、欧州において医療分野で一般的な「グルタラール」の発癌性が指摘されるに及び、日本国内でも急速に二酸化塩素が見直され始められました。
大手製薬会社様のテレビCMをはじめとして、薬局や雑貨屋さんなど、いろいろな所で「二酸化塩素」という言葉を一般的に目にする機会も増え、ご存知の方も多いかと想います。

酸化力が非常に強く、次亜塩素がアルカリ領域で効果を減ずるのに対し、ph10程度まで有効に作用します(その為、塩素剤の効果が期待出来ない高アルカリ温泉等での利用にも適します)。
細菌に対する殺菌効果はオゾンに次ぐ優れたものであることが数々の実験で確認されており、また悪臭の原因物質(硫化水素、アルデヒド類、カルボン酸など)を酸化分解する優れた消臭効果を併せ持ちます。
※多くの実験結果を総合的に判断すると、殺菌力では「オゾン>ClO2>塩素」と言われています。

なお「二酸化塩素」を容易に運搬・使用するために安定加工した「安定化二酸化塩素」は反応が遅効性のため、「二酸化塩素(ClO2)」とは異なり、より消臭等の用途向きと言われています。
※「安定化二酸化塩素」は「ClO2を安定的な状態にさせたもの(化学物質)一般」や、その加工物を指すため、化学式では一律には表現出来ません(メーカー・商品ごとに異なります)

実用に供される二酸化塩素については、各種調査で環境・安全面でも十分な評価を得ており、国内では水道水の原水消毒(注入)やプール・浴場の殺菌、小麦粉漂白等での使用が認められています。
その他、食品・医療、農畜産・水産業など、衛生管理の徹底が求められる分野で広く導入され、また導入事例が急増しています。

しかし、水道水(原水)やプール、浴場などの殺菌・消毒に用いられることからお分かり頂けるように、用途・濃度・取り扱い等によっては当然、安全を損なうことがあります。
事前の十分なご理解と施工の際の注意を怠らないよう、お願いいたします。
特に二酸化塩素ガスの吸引は頻繁に発生している事故で、非常に危険ですので、十二分にご注意下さい。

以上を踏まえて弊社では、二酸化塩素は専門的な知識を有する方による、業務用利用に供することを基本姿勢としております。

二酸化塩素をめぐって見える、色々なこと -二酸化塩素etc.-

長年、二酸化塩素関連の様々な製品・商品の製造・販売、そして開発や研究に携わってきて、いまだにいろいろなことを考えますし、また感じ、そして勉強させられます。
もっとも「それは二酸化塩素を身びいきし過ぎじゃないだろうか…」というものから、逆に「二酸化塩素の評価が今一つ、納得できないな…」などの、極ごくシンプルなものも多いのですが…そして、もちろんニュースに対して想うこと、など。

「二酸化塩素のご案内」を入り口にした「二酸化塩素etc.」のコーナーでは、「二酸化塩素FAQ」とは別に「二酸化塩素」というものをめぐって感じたことなどを中心に、軽い読み物風のものをご提供出来ればと想っております。
真剣に、でも深刻にはならずに、時にはグイッと踏み込んで…二酸化塩素というものを通じて見えてくる、いろいろな風景、時には物語も…
二酸化塩素をめぐる、あれこれを、ブログにするほどではないですけれど、ご一緒に感じたり、考えたりして頂く機会になれば幸いです。

※よくお寄せ頂くご質問に関しては、「二酸化塩素FAQ」を設けておりますので、ご参考下さい


二酸化塩素etc.メニュー

二酸化塩素etc.01:二酸化塩素の「ガス問題」

二酸化塩素etc.02:再論:「安定化二酸化塩素」とはなんなのか?


二酸化塩素の「ガス問題」

「ガス問題」は二酸化塩素に固有の問題なのか?二酸化塩素と消費者

「二酸化塩素」についてネットでも様々な情報、それも以前よりも精度や客観性の高い情報が多くみられるようになってきました。
しかし、いつまで経っても終わらないというか、定まってこないというか、複雑な気持ちにさせられるのが「二酸化塩素のガス問題」です。

この問題の大前提となるのは「二酸化塩素に限定されず、同様の効果を発揮するものは、いくらでもある」ということではないでしょうか?
塩素ガス然り、オゾン然り、です。
実際、一時期そして今に至っても、「オゾン発生器」は製造・販売もされています。

ご存知の方も多いかと想いますが、この「オゾン発生器」においては、二酸化塩素ガスと同様の問題が持ち上がっており、オゾンが先行しているからでしょうか、すでに国民生活センターからは、概略、「一般家庭でのオゾン発生器の購入は控えるべき」という内容の報告書が出ています。
ご参考)
家庭用オゾン発生器の安全性

では、これは「オゾン発生器の全否定」かというと、そうではないでしょう。
上記の報告書にも「使用方法によっては危険なオゾン濃度となる」という記載があります。
「使用方法」「危険」「濃度」…
「二酸化塩素ガス」においても、ほぼ同じ問題が提起されてることが分かります。

「ミスト」に「吸着」させて落下させる(再浮遊しないようにふき取るなどしないと意味がありませんが…)、あるいは吸引・フィルタリングという手法(これにもミストに似た問題と、フィルターでの繁殖問題もあることはあります)などの方法もあることはあります。
しかし、そうではなくて「空気中に浮遊するウィルスや菌を化学物質(特にハロゲン)で…」となると、結局、どのような資材を用いたとしても「人体との相討ち」を覚悟しなくてはなりません。
それを「する・しない」は、もはや利用者の判断としか言いようがないことになります。
メリットとデメリット、どちらが大きいのかは、利用者が判断するしかないでしょう。

逆に、安全である「ミスト」や「吸引・フィルター」という方法で、どれだけ効果があるのか?
これもまた、問題になってきてしまうかと想います。
ご存知の通りインフルエンザなどに対する「マスクの効果」が限定的であるように…

「二酸化塩素ガス問題」に関する弊社の考え

まず第一に、弊社は「二酸化塩素ガスの空間への適用」に対して消極的ではありますが、否定的な立場ではありません。
お客様の中には非常に慎重な商品開発を進められ、極低濃度で二酸化塩素濃度の安定性を保ち得る空間清浄装置を販売されている事例も御座います。
万が一にもご迷惑をおかけしては申し訳ないので、社名や商品名は伏せさせて頂きますが、当然のように二酸化塩素の空気中濃度を測定、コントロールするフィードバック機能付きです。
しかし、それが、どれだけ大変なことだったか…

ただ、この商品の設計思想には重要な観点があります。
それが「二酸化塩素の空気中濃度の測定」「二酸化塩素濃度のフィードバック&コントロール機能」です。

あまり触れられていませんが、当然ながら二酸化塩素の空気中濃度は測定可能です。
二酸化塩素水溶液と同様の障害、困難さを伴いはするのですが、不可能ではありませんし、専用装置も販売されています。
有名な所ではガステック様にて二酸化塩素ガス濃度の測定機器が製造・販売されています(二酸化塩素ガス測定器)。

「二酸化塩素ガス問題」を拝見すると、どうしても「二酸化塩素ガスの測定が可能であること」と「一定濃度以上は、少なくとも米国での二酸化塩素ガス規制があること」から、既に、ほぼ結論は出ているのではないか?と感じてしまいます。
米国での二酸化塩素ガスの規制(労働環境下)は概略、下記のようなものです。

労働安全衛生局(OSHA):8h/日の暴露限界(TWA:時間加重平均値)=0.1ppm
米国産業衛生専門家会議(ACGIH):8時間/日又は40h/週の暴露限界(TWA)=0.1ppm・15分間TWA(STEL:短時間暴露限界)=0.3ppm

弊社手持ち資料でも、この数値は長らく変わっておりませんし、国民生活センターも、この数値を基準として検討したようです。
参考)
二酸化塩素による除菌をうたった商品 -部屋等で使う据置タイプについて-

「注意喚起」は必要かとは想いますし、行き過ぎた広告宣伝にも目を光らせるべきだとは想います。
ただ、それによって不用意に委縮してしまうのもどうでしょうか?
この辺りの「線引き」を「消費者」にして頂くためにも、「情報提供」が最大限、優先されるべきだと考えます。

なお、問題化した経緯に「インフルエンザ予防」を謳ったこともあったようですが、これについては薬事法上の問題ですので、効果や安全性の問題とは直接的につながってきませから、ここでは取り上げません(一応、水道法やプールなどの関連法において、二酸化塩素については「消毒」や「殺菌」という言葉が「公文書上」用いられていることを指摘させて頂きます)。

と申し上げつつ脱線ついでに、もう一点、「E.P.A.」という言葉を珍しく目にしたので、「E.P.A.上の二酸化塩素」について少し。二酸化塩素とアメリカ
「E.P.A.」は「アメリカ合衆国環境保護庁」のことですが、「US E.P.A.」で調べて頂くと、いくつかヒットしてくると想います。

この「E.P.A.文書」は、確かに「安定化二酸化塩素」を認めているようですが、あくまで第一には「International Dioxcide, Inc. 」という米国の会社の「Anthium Dioxcide」という商品に対するものになります(弊社にとっても懐かしい二酸化塩素商品です)。
そして、その文中に「stabilized chlorine dioxide(安定化二酸化塩素)」という単語、表現が出てくる、そういう関係になっています。
参考)US EPA, Pesticide Product Label, ANTHIUM DIOXCIDE,09/06/2016

もっとも、弊社で手にした「Anthium Dioxcide」の現物は、確かに「安定化二酸化塩素」でしたので、「特別なものなのか?」と問われると、「いやぁ…」としかお答えしようがない商品でした。
ただし注意すべきは、文書の内容を見て頂ければわかるように、効果を発揮するのは「安定化二酸化塩素が活性化した状態」あるいは「遊離二酸化塩素(ラジカルな状態)」のことを意味しているので、「安定化二酸化塩素の状態のままの希釈濃度」ではない、という点でしょう。
他にも「E.P.A. Anthium Dioxcide」で検索して頂くと、いくつか公文書が見れるので、ご参考下さい。

「オール・オッケー」な商品は、追い求められてはいますが、現実には中々ありません。
その中で、どうあるべきか?は常に問われ続けなくてはならないのでしょう。

ただ、二酸化塩素ガスの吸引については、くれぐれもご注意下さい。

▲二酸化塩素etc.メニュー▲


再論「安定化二酸化塩素」とはなんなのか?

「安定化した二酸化塩素」という「化学物質」

「安定化二酸化塩素」というのは、濃度の安定性に乏しく、流通や保存、取り扱いの困難さを伴う「純粋二酸化塩素(水溶液)」よりも簡便なように感じるためか、手軽に取り扱われる業者さんも多く、それはそれで悪いことではないのですが、「二酸化塩素(ClO2)の効果」がそのまま謳われていたりするので、ご利用者からすると非常に戸惑われる二酸化塩素品かと想います。

弊社でも、お手元品に関するお問合せを頂いた際に、まずお伺いするのが「お問合せ頂いている二酸化塩素の色はどうですか?臭気はどうですか?」ということなのですが、「手元の二酸化塩素の色は…無色です、臭いは…ありません」というご返答が圧倒的に多く(ほぼ100%と言えるでしょう)、「それは、安定化二酸化塩素と言って純粋二酸化塩素(水溶液)とは異なるもので…」というご説明を繰り返すというのが、ひとつの「パタン」でした。

かといって、安定化二酸化塩素についてご説明しても、あまり反応が…というのも実際です。
二酸化塩素(水溶液)は外見上、黄緑~黄褐色を呈し、臭気は塩素とオゾンを混ぜたような独特のものですので、慣れていれば比較的、すぐに見分けがつくのですが、当然、慣れているほど日常的なものではありません。
臭気の「オゾンに似た…」という表現は、おそらく弊社代表が日本で最初に言い出したのではないでしょうか?それ以前に見かけた記憶はないと言います。
確かに「二酸化塩素特有の、あの生臭いようなオゾン臭」は独特です。

さて話を進めて安定化二酸化塩素ですが、参考に挙げられるのは「次亜塩素酸Na」でしょう。
「塩素(Clガス)」を、いわば安定化させるための代表的なものとして「次亜塩素酸Na(NaClO)」があり、
2NaOH+Cl2→NaCl+NaClO+H2O
という反応式から得られるわけですが、この種の「安定化させた塩素剤(物質)」は多数、あります。

同様に「安定化二酸化塩素」と呼ばれる物質も多々あるなどして定めがたいというだけで、化学式が皆無というわけではありません。
ただ下記のような事情から、「安定化二酸化塩素」というのは、やはり「化学物質」というよりも「商品群」と考えるべきだろうとは想います。

「安定化した二酸化塩素」の「化学式」とは?安定化二酸化塩素:再論

一般に、二酸化塩素を生成する、あるいは生成され得るとされている物質には「亜塩素酸類」「塩素酸類」などがあります。
そして、これらは、すべてが「安定化二酸化塩素」と称せられる可能性があります。

具体的には、二酸化塩素生成には塩素酸類よりも亜塩素酸類の方が良く用いられますが、例として二酸化塩素生成物質として公表されているパテント情報を参考にしてみると、「亜塩素酸アルカリ金属塩」として「亜塩素酸ナトリウム」「亜塩素酸カリウム」「亜塩素酸リチウム」が挙げられ、「亜塩素酸アルカリ土類金属塩」として「亜塩素酸カルシウム」「亜塩素酸マグネシウム」「亜塩素酸バリウム」が挙げられています(WO2009093540)。

このような列記の仕方は珍しいものではなく、特に二酸化塩素関連の特許の際には比較的、見かけるものです。
では、肝心の「安定化二酸化塩素」と称されるものの化学式は?というと、やはり代表的なものは「NaClO2(亜塩素酸Na)」と「KClO2(亜塩素酸K)」です。
特に変則的なものでなければ、資料も多い「NaClO2」という化学式の形に二酸化塩素を安定させることが圧倒的に多いでしょう

ちなみに「二酸化塩素の歴史そのもの」からすると、まず先行して二酸化塩素生成に用いられた(いわば「安定化二酸化塩素」)のは「KClO3(塩素酸K)」であり、その後「NaClO3(塩素酸Na)」が用いられたという「流れ」はあります。
また、この「二酸化塩素」と「安定化二酸化塩素(類)」は多く「表裏の関係」にあって、「二酸化塩素」と「安定化二酸化塩素(類)」のどちらが先に生成されるとも言い難いものとなっています(比較的、流通量の多い「安定化二酸化塩素」の化学式、「NaClO2」の「亜塩素酸Na」の原料は「ClO2(二酸化塩素)」です)。
このあたりの事情が、「安定化二酸化塩素」という言葉を難しくしている一因かもしれません。

ただ、たとえば同じ「NaClO2」なんだから…ということで「亜塩素酸ソーダが安定化二酸化塩素のことなんですよ」と言うのは、一般論としては良いかとは想いますが、弊社としては少し違うと考えます。
というのも、単純に「液性調整次第」で、たとえば「安定性」の点で大きく性質が異なってしまうからです。
「ただ亜塩素酸ソーダを希釈しただけ」ではpHバランスが崩れるなどするために不安定になりがちな上に、利用する際には「良い加減」で二酸化塩素を出してくれるか?というテーマもあります。

また実際に「安定化二酸化塩素」と称される製品・商品を何種類も比較してきた経験からしても、
「安定化二酸化塩素ということで、すべて同じ化学物質というのは無理がある」
というのが率直な感想です。

二酸化塩素を安定化させた「安定化二酸化塩素」の化学式自体には、上記したように「NaClO2」と「KClO2」くらいしかないとしても、
「二酸化塩素資材として利用するために、どの程度の濃度を、どのように安定させるか?」
といった細かい調整はメーカーや商品毎に異なるというのに、たとえば「NaClO2」だから「亜塩素酸ソーダ」と称するのは、逆に「亜塩素酸ソーダ」メーカーさんに失礼な話で、やはり「安定化二酸化塩素」と称するのが適当だろう、というのが弊社の結論です。

これには裏話もあり、逆に「亜塩素酸ソーダ」メーカーさん自体が、「安定化二酸化塩素」と称することが、どこまで許容されるのか?を検討されるということも少なくありません。
つまり「亜塩素酸ソーダ」ではなく「安定化二酸化塩素」として販売したらどうか?という検討なのですが、これは「亜塩素酸ソーダ」の製造工程から当然のことですので、一見、問題ないようにも想われるものの、現状、「安定化二酸化塩素」という名称に混乱が見られることから見送られるケースも少なくないという事情があります。

また相性の良い薬剤を混合することで新たな「安定化二酸化塩素製品・商品」を開発するということも当然、考えられますので、「安定化二酸化塩素」として、すべてを同じとするのは、やはり無理があるでしょう。

▲二酸化塩素etc.メニュー▲


Next Later…

▲ページ・トップ▲

▲Page Top▲